プロロジス/宮城県岩沼市のプロロジスパーク岩沼1、全面再開

2011年08月04日 

プロロジスは8月4日、宮城県岩沼市のマルチテナント型(複数企業向け)物流施設「プロロジスパーク岩沼Ⅰ」の復旧工事が完了し、施設全体が稼働を再開したと発表した。

<全面稼働開始したプロロジスパーク岩沼Ⅰ>
20110804pro.jpg

プロロジスパーク岩沼Ⅰは東日本大震災と津波によって被害を受けたが、被災直後から社内の専門エンジニアリングスタッフを中心に、新築時の施工会社である西松建設の協力を得て復旧作業を進めていた。

施設の主要構造に損傷がなかったため、施設内の清掃と区画壁や設備の修理を行ったのち、4月末より一部稼働を開始。

その後、施設の非構造部材(内壁)の耐震性を見直すなどし、災害時に施設内で働く人々の安全性を高め、より防災性能の高い物流施設としてリニューアルして、稼働を再開した。

なお、入居者である味の素物流、日本アクセス、日本通運の3社がすでに稼働を再開し、100%稼働している。

日本アクセスは今回の入居にあたり、冷凍・冷蔵設備を導入した上で、3温度帯対応の物流拠点として7月1日より稼働を開始している。

また、プロロジスは宮城県内でプロロジスパーク岩沼Ⅰに加えマルチテナント型施設のAMB多賀城(多賀城市栄、100%稼働中)を運営中で、新たにプロロジスパーク富谷Ⅲ(黒川郡富谷町)の開発を計画している。

最新ニュース

物流用語集