GLP/物流施設の開発・運用ファンドを383億円で設立

2011年09月01日 

GLP(グローバル・ロジスティクス・プロパティ)は9月1日、先進的な物流施設の開発・運用を目的とした合弁事業(以下:ジャパン・ディベロップメント・ファンド)を設立したと発表した。

<左からあいさつする三木社長と、帖佐常務、ジェフリーH.シュワルツ共同創業者>
20110901glp1.jpg

<ファンドを説明するジェフリーH.シュワルツ共同創業者>
20110901glp2.jpg

同ファンドはグローバル・ロジスティクス・プロパティーズ・リミテッドとカナダ公的年金運用機関のCanadian Pension Olan Investment Boad(以下CPPIB)との合弁。

出資額は投資期間3年で、5億ドル(約383億円)。GLPとCPPIBがそれぞれ50%の出資となる。

今回のファンドは、GLPの日本での唯一の物流施設開発に特化したファンドとなり、同社のコアビジネスとも位置付けている。

設立の理由を、GLPのジェフリーH.シュワルツ共同創業者、副会長、エグゼキュティブ・コミッティ会長は「日本ではまだまだ先進的な物流施設が不足し、既存・潜在顧客からの強い需要がある。日本においての先進的な物流施設は全体の2%にも及ばない」と具体的数字を挙げて説明した。

物件はマルチテナント型、ビルド・トゥ・スーツ型の物流施設を10年間で約10件~12件の目途で建設を進める予定。すでに、最初の開発案件については、首都圏に予定地を確保済み。詳細については近日中に発表する予定だ。

GLPとCPPIBは、開発利益と不動産投資によるキャッシュフローをシェアしながら、資産運用/開発マネジメントのフィー収入とその他インセンティブ収入を得ることになる。

最新ニュース

物流用語集