日本郵船/運営するフィリピン商船大学が国交省の新制度認定校に

2011年09月03日 

日本郵船は9月2日、トランスナショナル・ダイバーシファイド・グループと共同運営する商船大学「NYK-TDG MARITIME ACADEMY」が、国土交通省が創設した「機関承認制度」における船員教育機関として我が国で初めての認定を取得した、と発表した。

<「NYK-TDG MARITIME ACADEMY」講義風景>
20110902nyk.jpg

この制度は、適切な教育訓練を行っていると国土交通大臣が認定した諸外国の船員教育機関を卒業した者に対して、従来から実施している承認試験など個々の能力確認を要せずに日本籍船の船舶職員(船長・航海士または機関長・機関士)として乗り組むことを認めるもの。

今回認定されたのは、NYK-TDG MARITIME ACADEMYとフィリピン国立商船大学、フィリピン国内最大の海員組合や世界各国の民間団体らが支援するアジア・太平洋海事大学の計3校。

この認定は、9月16日に卒業式が予定されている第一期生(116人)から適用される。

■NYK-TDG MARITIME ACADEMY概要
開校日:2007年6月3日
規模:定員 学生 航海科 60人 / 機関科 60人 1学年計 120人
講師:約30人(非常勤含む)
場所:マニラ近郊のカンルーバン市
システム:3年間の講習と1年間の乗船実習の4年制
理念:学生個々の人格形成と実践的な海事技術の習得を中心にした世界に通用する船員の高等教育を行う。

最新ニュース

物流用語集