日通/日通札幌ビル竣工

2011年10月15日 

日本通運は10月14日、地上11階地下2階建、延床面積約1万200㎡の商業・オフィスビル「日通札幌ビル」を建設したと発表した。

<日通札幌ビル>
20111014nittsu.jpg

同ビルは同社が所有する複合賃貸ビル(旧札幌ライラックビル)を長年営業していたが、建物の老朽化が著しいことからこれを解体し建て替えたもの。

新ビルは、札幌市営地下鉄のさっぽろ駅と地下で直結しており、JR札幌駅からも徒歩4分、駅前通地下歩行空間により、札幌市営地下鉄の大通駅からの地下アクセスも可能となるなど、交通の利便性に恵まれている。

同ビルは、基準階天井高2.8m、190坪を超える柱の無い広いオフィス空間を確保するほか、最新の非接触型ICカードキーシステムを導入したセキュリティや、札幌市建築物環境配慮制度による環境性能評価Aランクを取得するなど、札幌市内でも屈指の高機能オフィスビルとなる、としている。

■施設概要
名称:日通札幌ビル
所在地:札幌市中央区北3条西2丁目2-1
用途:事務所、店舗
敷地面積:1161.91㎡
延床面積:1万261.35㎡
建物規模・構造:地下2階、地上11階、塔屋1階
S造、一部RC造、SRC造
運営管理:日通不動産

最新ニュース

物流用語集