日本郵船/震災後初、石炭専用船が福島・相馬港5号埠頭に

2012年02月13日 

日本郵船は2月13日、運航する8万7000トン型ばら積船「SHIRAKUMO」が2月9日、福島県の相馬港5号埠頭に入港したと発表した。

<着岸したSHIRAKUMO>

東日本大震災後、石炭輸送専用船として同埠頭に着岸するのは初めて。

同船は、オーストラリア・ニューキャッスル港から相馬共同火力発電新地発電所向けに石炭6万3000トンを輸送したもので、相馬港5号埠頭は再稼動し、相馬港の石炭受け入れ効率は飛躍的に回復した。

最新ニュース

物流用語集