プロロジス/物流施設に太陽光発電本格導入、来春には10MW発電

2012年09月03日 

プロロジスは9月3日、全国で所有・運営する物流施設の屋根を活用した太陽光発電プロジェクトを開始すると発表した。

<プロロジスパーク川島に太陽光発電システム導入後の完成予想図>

<プロロジスパーク大阪4に太陽光発電システム導入後の完成予想図>

来春には、8か所の物流施設で10メガワットの太陽光発電を開始し全量売電する。将来は1棟当たり最大約2300kwの太陽光発電システムの導入を進め、全棟合計すると最大約24メガワットの規模となる予定。

なお、世界全体で約80メガワット以上の太陽光発電システムを各国でプロロジスが運営する物流施設の屋根に導入している。

■2013年春発電開始予定施設
プロロジスパーク多賀城=宮城県多賀城市:約500kw
プロロジスパーク川島=埼玉県比企郡川島町:約2000kw
プロロジスパーク市川1=千葉県市川市約:2000kw
プロロジスパーク座間2=神奈川県座間市約:1000kw
プロロジスパーク春日井=愛知県春日井市約:1000kw
プロロジスパーク北名古屋=愛知県北名古屋市約:500kw
プロロジスパーク大阪4=大阪府大阪市約:2000kw
プロロジスパーク鳥栖2=佐賀県鳥栖市約:500kw

最新ニュース

物流用語集