SGホールディングス/グループ統一人事制度導入

2012年09月25日 

SGホールディングスは9月25日、グループ全体の人材を活かす取り組みとして、グループ統一の人事制度を設けたと発表した。

9月21日よりグループ部長層を対象としたGM人事制度(GM:グループマネジャー)を設けた。

GM人事制度は、グループ事業中枢を支えるGMをグループ人材マネジメントの中核に据え、グループ共通の制度で運用する。

これにより役割・責任の明確化と人材の高度化を実現し、グループ横断的な人材活用を可能とすることで、グループの事業推進力の強化を図る。

役職名称「部室長、担当部長(マネージャー)、課長(マネージャー)、係長(サブマネージャー」について、ゼネラルマネジャー、シニアマネジャー、マネジャーに変更した。

最新ニュース

物流用語集