光英システム/タブレット型車載端末、2000台受注事例

2012年11月16日 

光英システムは11月29日、「日本初、タブレット型車載端末-発売と共に2000台受注」をテーマに、ロジスティクス・SCM+流通フェアで、タブレット型車載端末について紹介する。

C会場で、午後2時20分から40分、同社第二営業部の藤田衛担当部長が、説明する。

新端末の双方向の文字音声通信、運行計画連動のカーナビ、運行指示計画、伝票の変更受信、誤配送判定、納品数量等入力送信、各種センサー連動、危険運転警告等が1つの機器に集約している。

■詳細・申し込み
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

最新ニュース

物流用語集