大成建設/自動倉庫向け制震装置開発、医薬品物流センターに採用

2012年12月07日 

大成建設は12月7日、自動倉庫向け制震装置(特許申請中)を開発し、小林化工清間工場内の新物流センターに実適用されると発表した。

<自動倉庫イメージと自動倉庫制震装置写真>

制震装置を設置することで、震度6弱の地震でも自動倉庫ラックを制震することができる。

荷物の落下を抑えるため、震災直後でも稼働を停止させずに荷物の出し入れができ、事業継続が可能となる。

ラック荷物の多寡による振動周期の変動に拠らず、常に高い制震効果を発揮、事前の制震検討(地盤調査、振動解析など)により、最適な設置台数を決定できる。

簡易に設置できるため、倉庫の稼働を妨げず施工が可能(短工期である)、簡素な機構と簡便な工法により、低コスト化を実現、既設自動倉庫、新設自動倉庫を問わずに設置が可能、ビル式ラック(建屋一体型)、自立式ラックも問わずに設置が可能、となっている。

■ 導入先
社名:小林化工
業種:医療用医薬品メーカー
住所:福井県あわら市矢地5-15
計画:清間工場内に新物流センターを計画
時期:2013年6月竣工予定

最新ニュース

物流用語集