マツダ/260億円投じ、タイに新トランスミッション工場建設

2013年01月30日 

マツダは1月30日、タイ王国チョンブリ県に年間生産能力40万基規模のトランスミッション工場を建設し、2015年度上半期より生産すると発表した。

投資額は約260億円となる見込み。

新トランスミッション工場はタイ・マツダの合弁生産拠点オートアライアンス(タイランド)の北、約5キロに位置し、マツダ車のグローバルな生産拠点に向けた SKYACTIV車用のオートマティックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」を生産する計画だ。

■事業の概要
会社名:Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd. (MPMT)
本社所在地:タイ王国 チョンブリ県
総投資額:約260億円
資本構成:100%マツダ子会社
事業内容:マツダ車向けトランスミッションの製造・販売
従業員数:約500人

最新ニュース

物流用語集