ヤマト運輸/アジア向け「国際宅急便」、最短翌日配達を開始

2013年05月27日 

ヤマト運輸は5月27日、アジアでの宅急便展開地域向けに、沖縄国際物流ハブを活用したアジア向け「国際宅急便」の小口荷物の最短翌日配達の取り扱いを開始した。

<概要図>

ヤマト運輸と月払いなどの法人契約を結び、「送り状発行ソフトB2」を利用している顧客を対象に、従来3~4日かかっていたが、書類と同様に最短で発送翌日にクロネコヤマトのセールスドライバーが届けるもの。料金も現行からの変更はない。

昨年11月15日には、沖縄ヤマト運輸が沖縄国際物流ハブを活用して24時間通関を実現し、第一弾として、「書類」を対象にアジアでの宅急便展開地域への最短翌日配達を開始した。

通関作業にかかる時間を短縮する事前通関システムなどの構築により実現した今回の本格稼働は、24時間通関・保税倉庫などの機能と施設をフル活用した新たな「アジア圏ドアツードア一貫輸送プラットフォーム」構築の第1歩となるとしている。

最新ニュース

物流用語集