日本郵船/G6アライアンス、黒海サービスを変更

2013年08月05日 

日本郵船は8月5日、定期コンテナ船共同運航組織G6 アライアンスが、9月からアジア‐黒海サービス(以下:ABX)をアジアからの直航サービスからフィーダーによるサービスに切り替えることを決定したと発表した。

これまでABXで寄港していた黒海の港は、新たに開始するポートサイド発着のフィーダーサービスで引き続きカバーされる。

アジア-ポートサイド間は、アジア-地中海サービス(EUM)でのポートサイド寄港に加え、新たにアジア-欧州サービス(Loop 4)での寄港も開始して対応する。

■ABX直航サービスの最終航海
MOL PERFORMANCE 寧波 8月30日

■新たに開始するフィーダーサービス詳細
ローテーション:
ポートサイド- アシュドッド- イスタンブール- コンスタンツァ- オデッサ- イスタンブール- アシュドッド- ポートサイド
船型:3000個型コンテナ船 2隻

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集