日本郵便/4~6月の売上高6628億円、営業利益120億円

2013年08月27日 

日本郵便は8月27日、2014年3月期第1四半期決算を発表し、売上高は6628億3200万円、営業利益120億3500万円、経常利益147億3700万円、当期利益は276億7800万円だった。

統合効果の最大限発揮、営業損益を中心としたマネジメントの徹底、会社の成長のための基盤確立といった当事業年度の業務運営の基本方針に基づいた各種施策に取り組み、収益の確保、費用の削減等に努めてきた。

通期は、売上高2兆7290億円(0.9%減)、営業利益220億円(69.1%減)、経常利益270億円(66.3%減)、当期利益110億円(81.7%減)を見込んでいる。

通期のセグメント別では、郵便事業が売上高1兆7271億円(1.6%減)、営業利益50億円(86.6%減)、経常利益77億円(83.9%減)、当期利益35億円(88.8%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集