LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/4~9月の売上高3.6%増、営業利益36.1%減

2013年10月31日/決算

山九が10月31日に発表した2014年3月期第2四半期決算によると、売上高2095億4900万円(前年同期比3.6%増)、営業利益63億3300万円(36.1%減)、経常利益62億2900万円(36.7%減)、当期利益34億4900万円(30.5%減)となった。

物流事業の売上高は1144億500万円(7.2%増)、営業利益は18億1100万円(6.6%増)となった。

国内で輸入を中心としたコンテナ取扱量が回復、これに伴い倉庫関連作業などが増加し、低稼働資産の集約と稼働率改善が進み、収益性が改善した。

海外では設備輸送や電子部品、化成品の輸出入取扱量が増加、加えて国内外での自動車関連輸送作業なども増加し、新規連結の効果もあって増収となった。

構内では海外での新規作業の受注や円安の進行により増収となったが、グループが進める顧客の合理化に対応したコスト削減施策が限定的なものとなり、収益性が悪化した。

通期は、売上高4300億円(7.1%増)、営業利益165億円(7.5%減)、経常利益160億円(10.9%減)、当期利益92億円(5.3%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース