日本郵船/新船型の1万4000TEU型コンテナ船8隻を用船

2014年04月14日 

日本郵船は4月14日、ジャパン マリンユナイテッド呉事業所で建造予定の1万4000TEU型コンテナ船8隻の定期用船契約を締結した。

8隻は2016年2月から2018年1月までに順次就航予定で、船体形状や機関部など随所に斬新な工夫を凝らした新船型となる。

既存の同クラス船よりも積載数を増やしながら、業界最高水準の燃費効率を発揮することを期待している。

就航後は、現在OOCL社(Orient Overseas Container Line)から用船している1万3000TEU型コンテナ船4隻と既存船の代替船として、アジア・欧州航路に投入する予定。

■コンテナ船概要
全長:約364m
全幅:約51m
計画満載喫水:約15m
載貨重量トン数:約12万3000トン
船籍:パナマ

最新ニュース

物流用語集