トナミHD/4~9月の売上高2.2%増、営業利益47.5%増

2014年11月07日 

トナミホールディングスが11月7日に発表した2015年3月期第2四半期決算によると、売上高597億1000万円(前年同期比2.2%増)、営業利益18億9100万円(47.5%増)、経常利益21億1400万円(49.4%増)、当期利益14億2200万円(80.1%増)となった。

物流関連事業は、貨物自動車運送事業及び貨物利用運送事業、3PL事業での顧客の物流合理化ニーズや調達物流をはじめとする提案営業の強化、運賃・料金契約の見直しなどにつとめたことにより、売上高は552億9000万円(2.5%増)となった。

営業利益は、事業構造改革の進展、運賃・料金水準の改善などにより、燃料費・外注費の負担増などコストアップ要因の吸収をはかり、15億6700万円(59.5%)の増益となった。

通期は、売上高1235億円(2.0%増)、営業利益40億円(23.4%増)、経常利益44億円(24.7%増)、当期利益32億円(35.0%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集