日本郵船/グループの船員配乗会社が創立25周年

2014年12月19日 

日本郵船は12月18日、グループ会社のNYKフィル・シップマネジメント社(NYK-FIL社)がマニラ市内で、創立25周年と本社オフィス全面改装完工を祝う記念式典を開催した。

式典には工藤泰三社長ほか関係者やフィリピンにおけるビジネスパートナーのトランスナショナル・ダイバーシファイド・グループ(TDG社)関係者、フィリピン各地から集まった船員とその家族ら計約500人が出席した。

式典に先立ち、改装が完了したオフィスのテープカットと記念プレートの除幕式も行った。

NYK-FIL社は、グループ運航船に乗務するフィリピン人船員の研修・育成、配乗管理を行う会社として1989年にTDG社との合弁で設立した。

NYK-FIL社は現在では200隻以上のグループ運航船にフィリピン人船員を配乗しており、大型原油タンカー(VLCC)や液化天然ガス(LNG)船などハイリスク船でのシニア職員の登用も積極的に推進している。

最新ニュース

物流用語集