日立物流/中国に貿易決済代行サービス等の現地法人設立

2015年02月06日 

日立物流は2月6日、子会社の日新運輸が、上海自由貿易試験区に貿易決済代行サービス等を行う現地法人を設立し、2月1日から営業を開始したと発表した。

中国からの調達物流を行う顧客から、従来の輸送・保管・流通加工等の物流サービスに加え、貿易決済代行サービス等の高付加価値サービスについても求められていたことから、設立したもの。

さらには、今後成長の見込める中国内の商品販売物流事業への参入の契機とするため、実施するもの。

なお、商品販売物流事業とは、荷主として国際貿易(仕入・販売)を担うことであり、中国国内での商業行為も含めた卸売・小売を行うことも営業範囲となっている。

この売買取引ができる品目は日用品や化粧品、おもちゃ、衣料、靴・鞄といった生活関連用品から、電子部品、自動車部品、ガラス製品、鋼材等の工業用原材料まで、合計32品目の取扱が可能。

■現地法人の概要
商号:暖新国際貿易(上海)
登記地:中国(上海)自由貿易試験区
事業内容:貨物の輸出入取引(貿易決済代行サービス)、保税貨物取引、保税区物流、貿易コンサルタント等
資本金:1000万人民元(約1.9億円)
設立年月日:2014年12月26日 (営業開始時期:2015年2月1日)
出資者及び出資比率:日一新国際物流(上海)55%(日新運輸の100%子会社)、日新運輸35% ・日立物流(中国):10%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集