日本郵船、MTI/独自技術で省エネ運行を推進、23%のCO2削減

2015年02月27日 

日本郵船とMTIは2月27日、船舶の省エネ運航を推進するため就航コンテナ船を対象に船型改良工事を実施し、実航海での解析で推定値を上回る23%の二酸化炭素(CO2)削減効果を検証したと発表した。

<改造前と改造後>
改造前と改造後

2014年6月の改良工事実施後、半年間にわたり実航海データを取得。このビッグデータの性能解析を行った結果、推定値を上回る23%ものCO2削減効果を確認し、日本海事協会による鑑定を受けた。

エンジンの運転状態等、本船のコンディションの検証も併せて行い、この改良工事が安全運航に影響を及ぼさないことも確認した。

グループが短期間かつ効率的に運航条件に適した改造工事を検討する手法を確立した(特許出願中)ことで、今後日本郵船グループのコンテナ運航船に対しても、この手法に基づく工事を進め、省エネ効果の向上を図っていくとしている。

日本郵船グループはバルバスバウ(船首部分に取り付けられた、丸く突出したバルブ状の突起物で並みの抵抗を打ち消す)の改造や船体付加物”MT-FAST” (プロペラ前方に複数の翼を取り付けることで、プロペラの回転から生まれる旋回流による損失エネルギーを回収する効果)の設置などにより、就航船を低速運航仕様に改良し、推進性能の改善を図ることでCO2削減の深度化を行うために、2013年夏から研究を進めてきたもの。

最新ニュース

物流用語集