データ・テック/コスト削減テーマにJACSSの事例を公開

データ・テックは5月19日、物流会社の経営者向けセミナーを東京エッサム神田ホール大会議室で開催する。

「コスト削減」としてJACSSの尾崎博文代表取締役が、車両の購入方法から入れ替えのサイクル、消耗品まで、車両の運用・管理にまつわる費用の軽減方法についてノウハウを公開する。

主催者講演ではセイフティレコーダを使った安全運転管理の実践で、「燃料費削減」、「メンテナンス費用」、「保険料削減」など、経費削減した運送会社の実例を交えた製品紹介をする。物流と関連事業の経営者必聴の内容としている。

■開催概要
日時:5月19日(火)13:00~17:00
場所:東京エッサム神田ホール4F 401大会議室
住所:東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
参加費:無料
定員:50名(先着順)
主催:データ・テック
協賛:JACSS

■詳細・申し込み
http://www.datatec.co.jp/event/event2015-39.html

■プログラム
「車両売買でコスト削減、車両運用管理で経費を減らす方法」
JACSS
代表取締役 尾崎博文氏

「セイフティレコーダを使った安全運転管理でコスト削減を実現」
データ・テック 
営業本部 部長 林 純矢

問い合わせ
データ・テック 
営業本部
TEL:03-5703-7060

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集