トクヤマ、出光、中国電力/海外炭を共同輸送

2015年08月05日 

トクヤマと出光興産、中国電力の3社は8月5日、海外炭の共同輸送の実施について合意し、確認書を締結したと発表した。

2011年5月に徳山下松港・宇部港が国土交通省の国際バルク戦略港湾に選定された後、3社を含む港湾利用企業が設立した山口県国際バルク戦略港湾連携協議会で、企業間連携による効率的な海外炭物流体制について検討を進めるなかで、このたび3社の認識が一致し、合意に至った。

3社が利用する石炭を共同輸送することにより物流コストの低減を図るとともに、大型船による共同輸送の本格運用を視野に、3社間での共同輸送量の調整や輸送船の選定といった運用上の手続きを確認する。

■実施概要
積地:オーストラリア・ニューキャッスル港(予定)
揚地:徳山下松港(徳山地区)周南バルクターミナル(予定)
時期:2015年中(予定)
輸送量:約7~8万トン(予定)

最新ニュース

物流用語集