リコーロジスティクス/関西リサイクルセンターオープン

2015年10月22日 

リコーロジスティクスグループは10月22日、関西リサイクルセンターを10月1日に新規オープンしたと発表した。

<関西リサイクルセンター>
関西リサイクルセンター

今後は、西日本、中部、北陸地区のリコーグループのリサイクル事業を手掛ける中心拠点として事業を展開していく。

関西リサイクルセンターは、リコーグループの持続可能な社会実現のコンセプトとして、製品のライフサイクル全体で環境負荷を減らしていく考え方を表した「コメットサークル」実現の一端を担う拠点で、使用済み複写機、複合機、トナーなどを集め、マテリアルリサイクルやリユース品として社会へ提供するために、同製品を素材ごとに分解、分別などを行う。

従来から、同様のサービスを提供してきたが、リサイクル事業の効率化や更なる環境経営推進のために、西日本を中心としたリサイクル事業を再編。西日本のリサイクル事業を中心となって手掛ける新たな拠点としてオープンし、リコーグループ全体でより最適なリサイクル事業を提供していくことになったもの。

■概要
名称:関西リサイクルセンター
住所:大阪市港区福崎2-1-49
TEL:06-7638-1680
延床面積:5961m2

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集