ロジネットジャパン/札幌通運を会社分割でロジネットジャパン西日本に承継

2015年11月20日 

ロジネットジャパンは11月20日、2016年4月1日をもって、札幌通運の保有事業を会社分割(吸収分割)の方法により、ロジネットジャパン西日本に承継させると発表した。

会社分割は完全子会社間で事業部門の一部を承継させる会社分割を行う予定だが、関係官庁その他の関係者の許認可手続や承継財産等、今後、調整した上で詳細な内容を決定した後に、吸収分割契約を締結する予定だ。

グループの主力事業会社の札幌通運は、従前より西日本・中部地区に拠点展開し、主に本州から北海道向けの輸送業務を中心に業容を拡大してきたが、最近では本州域内や九州・中四国向けといった全国向けの物流事業を大きく伸長させてきたことにより、ロジネットジャパン西日本と事業エリア・業務内容が重複するようになった。

このため、西日本・中部地区での事業シナジー追及と、総合物流の営業力強化、またグループのガバナンス体制の強化を目的として、札幌通運の中部以西の事業を分割し、ロジネットジャパン西日本と統合する組織再編を行うことにしたもの。

また、ロジネットジャパン西日本は、2012年の経営統合以降、上場企業グループの一員としてのコンプライアンス体制の再構築や収益構造の改善を進める中で、苦戦を強いられていたが、今期に入って徐々に経営改革の成果が現れ始め、10月単月で黒字へと転換した。

この流れを更に加速させ、ロジネットジャパン西日本を名実ともにグループの中核企業へと成長させるため、本組織再編でグループ内の経営資源を再配分し、西日本・中部地区での積極的な事業展開とグループ全体の収益性向上を期すものとしている。

組織再編によって、グループは、札幌通運、中央通運と、新生ロジネットジャパン西日本という3つのコアをもった体制で再出発する。これを機に、日本全国で多様な顧客ニーズに対応できる体制を盤石にして、さらなる業容拡大、業績向上を目指すとしている。

■会社分割当事会社の概要
吸収分割会社
商号:札幌通運
所在地:札幌市中央区大通西8-2-6
事業内容:貨物運送業、倉庫業ほか
資本金:1億円
設立年月日:1950年3月10日
決算期:2015年3月期(単体)
売上高:357億3500万円
営業利益:7億3600万円
経常利益:5億6400万円
当期利益:2億9300万円

吸収分割承継会社
商号:ロジネットジャパン西日本
所在地:大阪市北区梅田1-2-2-1300
事業内容:貨物運送業、倉庫業ほか
資本金:9800万円
設立年月日:1971年7月13日
決算期:2015年3月期(単体)
売上高:67億4200万円
営業損失:1億円
経常損失:1億700万円
当期利益:1億6700万円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集