SBSホールディングス/グループの2015年のトピックス発表

2015年12月10日 

SBSホールディングスは12月10日、SBSグループの2015年の活動から主なトピックスを発表した。

・SBSフレックネット始動!(1月、SBSフレック)
1月1日、SBSフレック北海道、東北、関東、中部、関西、九州の6社は、SBSフレック関東を存続会社として合併。商号をSBSフレックネットへ変更し、全国でローコスト・高品質の3温度帯物流を提供する。

・関西および西日本へ本格進出!(2~4月、SBSグループ)
2月、SBSスタッフが梅田営業所を開設し人材サービスを展開。4月、SBSロジコムが西日本営業開発部を開設し、関西を中心に西日本地区での事業拡大をめざす3PL営業部隊が始動した。

・星光堂と業務・資本提携を発表(3月、SBSグループ)

・SBSサポートロジとSBS即配が合併 (7月、SBS即配サポート)

・公益財団法人SBS鎌田財団が活動を開始 (8月、SBSグループ)

・フィリピンでコンテナ輸送事業を開始 (8月、SBSグループ)
現地フォワーダーと合弁会社SBS Logistics Philippines,Inc.を設立。今後、人口増による内需拡大が期待されるフィリピンにおいてコンテナ輸送需要の取り込みを図る。

・高級ワイン物流の専用拠点を開設 (11月、SBSロジコム)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集