ナビタイム/法人運行管理サービス、警報注意報アラートと天候案内機能追加

2016年01月13日 

ナビタイムジャパンは1月13日、法人向けの運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」で、「警報注意報アラート」と「天候案内」機能を提供開始すると発表した。

「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」は、複数の社用車を保有されている法人企業向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービス。

パソコンとスマートフォン端末があれば、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できる。

社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、メッセージの送受信などが行える。

「警報注意報アラート」は管理者向けの画面上で、作業者の現在地や次の訪問先周辺に出ている気象警報・注意報を一覧表示する機能。警報などの発令の場合は、直感的に分かりやすいアイコン色の変化でお知らせする。アイコンの色は通常はグレーで、注意報は黄、警報は赤で表示する。

管理者が動態管理を行いながら、警報や注意報をリアルタイムでキャッチできるため、荷主への事前連絡、作業者への警報発生地域を避けた配送ルートの指示、荷物の安全確保といったことが可能になる。

「天候案内」は作業者向けのスマートフォンアプリで利用になれ、ルート案内開始時、ルート案内中、目的地到着時にリアルタイムの天候情報を発話して案内する機能。

例えばルート案内中は、新たに大雪警報などの気象警報/注意報が発令された場合や、ゲリラ豪雨などの強い雨が発生する可能性がある場合に発話して案内する。事前に天候が分かるので、あらかじめ降雨用の装備品を準備しておこう、といった判断にも役立てられる。

2014年2月の記録的な大雪を境に、新聞や食品などの運送事業者を中心に、悪天候や災害時の運行管理サービスの需要は高まっている。

災害情報を事前に知らせすることで安全で安定した運行と配送を支援し、さらには訪問先の顧客の満足度向上にも貢献できるとしている。

■ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション
http://fleet.navitime.biz/

最新ニュース

物流用語集