丸運/中期経営計画策定、2018年度売上高521億円

2016年03月23日 

丸運は3月23日、2016年度を初年度とした3年間のグループ中期経営計画を策定したと発表した。

中期経営計画の重点方針では、定量面では、既存事業の生産性向上(共同配送の強化(新規顧客の獲得)・流通加工業務領域の拡大・赤字店所等の対策・鉄道利用運送の拡大)のほか、C&F物流事業への単独進出、既決定投資案件の早期熟成化(栃木物流センター第2倉庫、丸運物流(天津))、M&A/投資の追及を挙げている。

定性面では、安全品質の向上(作業手順書に基づいた業務の現場への定着・G マーク取得)、機能子会社の再編・強化(継続的雇用確保のための労働条件改善・店所と一体となった生産性の向上・自車戦力の拡充)、提案営業の日常業務化、間接業務(委託会社を含む)の生産性の検証(2016年度)を挙げている。

目標では、2015年度の売上高489億円、経常利益10億円を2018年度には売上高521億円、経常利益15億6000万円と計画している。

中計期間での設備投資額は50億円、M&A50億円(借入金)としている。

なお、丸運グループは2012年度に連結経常損失6000万円の赤字決算に陥った。

赤字決算を余儀なくした要因の解消と業務遂行力の強化(=今後の成長戦略の実行を可能とする会社体制の整備)を目的に中期経営計画(2013年度~2015年度)を策定した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集