日通商事/タイにロジスティクス・サポートセンター、オープン

2016年04月06日 

日通商事は4月6日、海外グループ会社のAZLタイランドが、タイにロジスティクス・サポートセンターを開所したと発表した。

<AZLプラチンブリLSセンター>
20160406nittsus - 日通商事/タイにロジスティクス・サポートセンター、オープン

新LSセンターは高床式建屋で、倉庫両側の接車バースには片側6基、合計12基のドックレベラーのほか、横開きのトラックが接車可能なシャッター口を3つ装備、多くの車両の搬入・搬出が可能で15メートルの庇を設置、大雨でも製品を濡らすことなく、安全かつスムーズな荷役作業が可能となっている。

庫内の照明にはLEDを採用、そのほか、天井から外光を取り入れる「トップライト」を9m間隔で設置、より明るく作業しやすい庫内を実現、日中の電力使用量を減らし、環境にも配慮した施設となっている。

日通商事は1996年タイ・アユタヤに現地法人を設立し、梱包事業をスタートさせて以来、タイ国内でチョンブリ、レムチャバンをはじめする7地区にロジスティクス・サポート拠点を整備してきた。

さらに、リース部門や南アジア地区営業開発部門の設置など、物流関連を中心にさまざまな事業を拡大している。今後も、アジア地区における顧客の多種・多様化するニーズに応えていく。

■プラチンブリLSセンターの概要】                     
所在地:バンコクから東に約140km、プラチンブリ・ロジャーナ工業団地内
主要業務:輸出入付帯業務全般(量産梱包・一般梱包・商流・納代 等)
敷地面積:3万m2
延床面積:7420m2
倉庫面積:6400m2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集