三菱地所/厚木に約3万m2の物流施設着工

2016年04月21日 

三菱地所は5月6日、神奈川県厚木市に地上4階建て、延床面積約2万9900m2のマルチテナント型物流施設「ロジクロス厚木」を着工する。

<ロジクロス厚木の完成予想図>
ロジクロス厚木の完成予想図

<周辺地図>
周辺地図

竣工は2017年3月の予定。

ロジクロス厚木は、圏央道・東名高速・国道129号、246号へのアクセスが良好。小田急小田原線愛甲石田駅から徒歩20分。路線バスの運行があり、周辺に住宅地を抱えていることから、雇用確保の面でも良好な環境だ。

周辺環境は、工場、倉庫等が集積するエリアで、24時間の創業が可能だ。

施設面では、職場環境に配慮した喫茶室・パウダールーム、ドライバー用トイレ等の実用性の高いアメニティの充実を図っている。日本政策投資銀行の「DBJ Green Building認証」で、Plan認証を受けている。

仕様は床荷重1.5t/m2、梁下天井有効高5.5m以上、柱スパン10m以上、全館LEDと、最新の物流施設を備える汎用性の高いものとしている。

また、特徴的な取り組みとして、三菱地所が再開発を進める丸の内エリアのオフィスビルで使用していたOAフロアパネルを、事務所に再利用する。

<三菱地所の田島穣常務執行役員>
三菱地所の田島穣常務執行役員

三菱地所の田島穣常務執行役員は「この土地は以前コニカミノルタの工場跡地で、2015年3月に入札により獲得した。独自開発は「ロジクロス福岡久山」に次ぐ2棟目で、関東地区では初となる。ここはロケーションが素晴らしく、東名高速の厚木ICからも近く、国道129号、246号とも至近。貸付区画は最大3区画まで分割可能だが、1区画として1テナントでも可能だ。今後、首都圏、関西圏、中京圏等の大都市圏を中心に年2~4棟の開発を目指す。独自開発、共同開発にはこだわらずベストな選択をしていきたい」と話した。

併せて、千葉県習志野市に「ロジクロス習志野」を新規開発すると発表した。延床面積約4万1000m2となる予定で、2017年春着工、2018年春竣工予定だ。

<ロジクロス習志野>
ロジクロス習志野

<周辺地図>
周辺地図

■概要
名称:ロジクロス厚木
住所:神奈川県厚木市上落合柳添231-1(地番)
敷地面積:1万4782m2
延床面積:約2万9900m2
構造:柱・梁S造、地上4階建
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2016年5月6日(予定)
竣工:2017年3月末(予定)

名称:ロジクロス習志野(仮称)
住所:千葉県習志野市茜浜2-19-48
敷地面積:1万9000m2
延床面積:約4万1000m2
着工:2017年春(予定)
竣工:2018年春(予定)

最新ニュース

物流用語集