エプソン/インドネシアにインクジェットプリンター新工場増設

2016年04月22日 

エプソンは4月22日、インドネシアの製造子会社P. T. Indonesia Epson Industry(IEI)にインクジェットプリンターの組立工場を増設したと発表した。

<P. T. Indonesia Epson Industry 新工場外観>
<P. T. Indonesia Epson Industry 新工場外観

中長期的なインクジェットプリンター事業(プリンティングソリューションズ事業)の成長実現に向けた計画の一つとして実施した。

新工場は、IEIに隣接する他社工場を2013年7月に取得、2015年度に約30億円の設備投資を行い改修を進め、このほどオープニングセレモニーを実施したもの。

IEIは、プリンティングソリューションズ事業での主要な海外生産拠点であり、主に戦略製品である大容量インクタンク搭載モデルや、オフィス向けインクジェットプリンターの生産を行っている。

今後の需要動向を見ながら生産規模を拡大させていき、従業員数を現在の約1万人から、2020年に向けて1万2000人体制に増やす計画。

生産・物流機能に加え、プリンターの設計機能を有していることが大きな特長。

エマージング市場に求められるニーズを反映し、かつ、より生産しやすい製品設計を実現、さらに商品化リードタイムの短縮を図れるよう、インドネシア現地における設計力を高めていくとしている。

■増設工場概要
投資金額:約30億円(2015年度:設備投資のみ。2013年7月取得の隣接工場を改修)
主要生産品目:インクジェットプリンター、SIDM(Serial impact dot matrix printers)
ライン稼働:2015年11月より段階的に稼働
建物面積:約4万7400m2
土地面積:約5万3000m2
従業員数:現在の約1万人から、約1万2000人に増加(2020年時点)

最新ニュース

物流用語集