LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/3月期は売上高5.4%減、営業利益26.0%減

2016年04月28日/決算

PR記事

日本郵船が4月28日に発表した2016年3月期決算は、売上高2兆2723億1500万円(5.4%減)、営業利益489億6400万円(26.0%減)、経常利益600億5800万円(28.5%減)、当期利益182億3800万円(61.7%減)となった。

グループはコンテナ船の航路再編やドライバルカーを中心とした不採算船の処分・返船等一層の収支改善の努力を継続し、運賃安定型事業からの利益の積上げに努めた。非海運事業では、航空運送事業及び物流事業が堅調に推移した。

セグメント別では、定期船事業の売上高は7063億円(1.4%増)、航空運送事業の売上高は911億円(8.1%減)、物流事業が4965億円(2.0%増)だった。

不定期専用船事業の売上高は9022億円(9.4%減)だった。

来期は、売上高2兆1800億円(4.1%減)、営業利益275億円(43.8%減)、経常利益350億円(41.7%減)、当期利益150億円(17.8%増)を見込んでいる。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース