日本郵船/EMAS CHIYODA Subseaへの資本参加

2016年06月13日 

日本郵船は6月13日、EMAS CHIYODA Subsea(ECS社)総株式の25%を取得し、資本参加することをECS社株主であるEZRA社と千代田化工建設と合意したと発表した。

<写真左から千代田化工建設 澁谷省吾社長、Ezra社 Group CEO & Managing Director Lionel Lee(ライオネル・リー)、日本郵船 内藤忠顕社長>
写真左から千代田化工建設 澁谷省吾社長、Ezra社 Group CEO & Managing Director Lionel Lee(ライオネル・リー)、日本郵船 内藤忠顕社長

日本郵船参画後のECS社の出資比率はEzra40%、千代田35%、日本郵船25%。

ECS社は石油やガスなど海底資源の生産に必要な海中・海底(サブシー)関連設備の設計(Engineering)、調達(Procurement)、建設・据付(Construction and Installation)業務(EPCI業務)をグローバルに展開している。

日本郵船は中期経営計画に基づき、海運業+αの取組みを活かした差別化を図るため、海底油田での探査・探鉱、掘削、生産・貯蔵、域内輸送と石油開発バリューチェーンでの事業の強化を進めており、新たにサブシーEPCI事業へ参画することで、上流資源開発領域でさらに幅広いサービスを提供する。

サブシーEPCI事業は機器の設置などに関わる高度な設計能力と大型特殊船舶を用いた作業能力が求められることより、これまで培ってきた定点保持システムの技術をはじめとした特殊技術や海洋事業での知見・ノウハウの活用が期待できる分野。

■EMAS CHIYODA Subsea Limitedの概要
本社所在地:Two Snowhill, Birmingham, England and Wales, United Kingdom, B4 6WR
創立:2016年3月31日
事業内容:海中・海底(サブシー)関連の設計・調達・建設・据付(EPCI)業務
従業員数:1200名(船員含む)
運航船舶数:9隻

最新ニュース

物流用語集