ダイハツ/人の働きやすさを中心に考えた新型軽商用車を発売

2016年06月13日 

ダイハツ工業は6月13日、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」を、全国一斉に発売した。

<ハイゼット キャディー D“SA2”>
ハイゼット キャディー D“SA2”

ハイゼット キャディーは、「人の働きやすさ」という新たな商用ニーズにいち早く応える、新ジャンルの軽商用車。

様々な業種の軽商用車ユーザーにヒアリングしたところ、荷物の積載量よりも、室内の静かさ・足元の広さなどの運転のしやすさや、安全性を重視する方が増えてきていることに加え、軽乗用車を商用用途として利用するケースが増加しているなど、新たなニーズの兆候が見られた。

近年の社会変化として、女性やシニアの就業率が増加していることからも、荷物優先のクルマづくりから、「人の働きやすさ」へと発想を転換したもの。

軽乗用車で培った、広さと使い勝手の良さを追求したFFレイアウトパッケージを採用することで、高い静粛性とゆとりのある運転空間、一定程度の積載容量を確保した使い勝手の良い荷室を実現。

また、軽乗用車で進化を重ねてきた低燃費技術や、操縦安定性に加えて、軽商用車で初めてカメラとソナーセンサーを搭載した衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用するなど、「はたらく 楽ラク」をコンセプトに、人の働きやすさを「6つの楽」として実現した。

6つの楽とは、「ノリオリ」「ツミコミ」「アンシン」「ドライブ」「セイケツ」「カラフル」。

月間販売目標は1000台。価格は118万8000円(税込み)から。

最新ニュース

物流用語集