京阪電鉄/ヤマト運輸と連携、関西の駅初「オープン型宅配ロッカー」設置

2016年07月29日 

京阪電気鉄道は7月28日、ヤマト運輸と連携し、駅構内で「オープン型宅配ロッカー(無人受取りサービス)」での受取りサービスとコンビニエンスストア「アンスリー」での発送受付業務と店頭受取りサービスを開始すると発表した。

<設置する宅配ロッカー>
20160729keihan - 京阪電鉄/ヤマト運輸と連携、関西の駅初「オープン型宅配ロッカー」設置

オープン型宅配ロッカーは、Packcityパ ッ ク シ テ ィJapanジャパンが展開する、複数の宅配事業者が共同で利用できるもので、関西の駅構内では初めての設置。

8月1日から守口市・寝屋川市・樟葉、8月8日から枚方市の京阪線郊外駅の主要4駅でサービスを開始し、今後設置駅を拡大していく。

ヤマト運輸の宅急便に対応し、将来的には他の宅配事業者の荷物の受け取りも可能になる予定。

京阪グループで駅構内の店舗の運営・管理をおこなっている京阪ザ・ストアが展開するコンビニエンスストア「アンスリー」において、8月1日から宅急便の発送受付業務と店頭受取りサービスを開始する。

■概要
設置駅
守口市駅:西改札口外 01号階段横(屋内型 3列仕様)
寝屋川市駅:南改札口外 西ロータリー側(屋外型 3列仕様)
枚方市駅:中央改札口外 4号階段前(屋内型 3列仕様)
樟葉駅:改札外 定期券売場横(屋内型 3列仕様)

利用料金:無料
利用時間:年中無休(始発~終電)
利用宅配会社と取扱荷物種別:ヤマト運輸「宅急便」

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集