LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

井本商運/釜石港国際フィーダーコンテナ定期航路開設5周年セレモニー

2016年08月03日/国際

釜石港で8月1日、「釜石港国際フィーダーコンテナ定期航路開設5周年記念セレモニー」が釜石市主催で開催した。

<749GT型内航コンテナ船「いくた」の着岸する岸壁でセレモニー>
20160803imoto 500x369 - 井本商運/釜石港国際フィーダーコンテナ定期航路開設5周年セレモニー

井本商運は、大手外航船社のオリエント・オーバーシーズ・コンテナ・ライン・リミテッド社(OOCL社)と共に主賓として列席し航路開設5周年を祝い、今後も海上物流の面から更なる東北の物流に貢献すると共に、地域経済発展に寄与することを確認し合った。

井本商運は、2006年12月に釜石港に初寄港した。寄港当初は、貨物量が不安定なため不定期寄港を余儀なくされた。2011年3月の東日本大震災によって港湾機能は深刻な被害を受け、海上物流もストップした。

釜石港ではコンテナ荷役設備の早期の復旧を果たし、井本商運は2011年7月に外航船社OOCL社と連携し、週1便の定期航路として再開、釜石港と国際コンテナ戦略港湾である京浜港を結ぶ国際フィーダー航路をいち早く再開した。

これにより、東北の物流網が混乱する中、周辺荷主の海上輸送モードが確保される事となった。また、2015年3月には釜石の復興事業として5か月間にわたって、釜石港/八戸港間の建設発生土のコンテナ輸送を行ない、東日本大震災の復興に貢献した。

釜石港須賀地区公共ふ頭で、朝10時から開催されたセレモニーには、同社の井本社長やOOCL日本支社の藤江代表を初めとして、国交省、岩手県、釜石市などの行政関係者や、三菱製紙、日鉄住金物流、白金運輸など、荷主・物流業界から約70名の参加者が列席した。

井本商運の運航する749GT型内航コンテナ船「いくた」の着岸する岸壁で、くす玉開花や荷役見学会が行われた後、市内のホテルに場所を移して、懇談会が開催され、記念セレモニーを終えた。

井本商運は今後も国際フィーダー輸送を軸に釜石港での取り扱い増量を図り、船の大型化や増便の可能性を検討している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース