ロジネットジャパン/4~6月の売上高2.8%増、営業利益94.8%増

2016年08月05日 

ロジネットジャパンが8月5日に発表した2017年3月期第1四半期決算によると、売上高は126億400万円(前年同期比2.8%増)、営業利益4億7800万円(94.8%増)、経常利益4億9100万円(111.0%増)、当期利益4億800万円(79.3%増)となった。

札幌通運グループの売上高は88億5800万円(5.2%増)、営業利益は増収効果による増益と燃油価格の安定的な推移により、2億6300万円(66.9%増)となった。

中央通運グループの売上高は15億9500万円(1.0%増)、営業利益は1億200万円(16.7%増)となった。

ロジネットジャパン西日本グループの売上高は20億3300万円(6.3%減)となったが、営業利益は、事業再構築の効果に加え、本年4月に実施した組織再編のシナジー効果もあって、1億2400万円(807.4%増)となった。

通期は、売上高550億円(3.3%増)、営業利益18億6000万円(19.2%増)、経常利益18億5000万円(18.6%増)、当期利益12億円(5.7%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集