LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東北システムズ・サポート/1秒に約600個を読み取るリーダライタ

2016年08月30日/生産

東北システムズ・サポートは8月30日、ICタグの読み取りスピードが1秒間に約600個という高速読み取りを実現するUHF帯RFIDリーダライタ「RFD8500」の取り扱いを開始、9月から注文を受け付けると発表した。

<RFD8500>
20160830tohoku 500x266 - 東北システムズ・サポート/1秒に約600個を読み取るリーダライタ

セパレート型では国内唯一RFIDとバーコードのハイブリッドモデルが選べる、高速読み取り対応UHF帯RFIDリーダライタ。

ラインアップは、長距離読み取りに適した高出力タイプと、電波申請不要で使用できる特定小電力タイプの2種類がある。さらにそれぞれのタイプでバーコードイメージャを搭載したハイブリッドモデルを選択できる。

RFIDアンテナは高水準の性能を持ち、1秒間に読み取るICタグは約600個と高速で、側面からでもしっかりとアクセスできる広い読み取り範囲が特長。バーコードイメージャは汚れやかすれがあるバーコードの読み取りに対応しており、スキャナを必要とする場面をサポートする。

対応しているOSはiOSとAndroidで、iPhone・iPad・iPod touch、スマートフォンやタブレット、ハンディターミナルなど、国内で普及しているほとんどのモバイル端末と接続できる。

専用のアクセサリを使用することで、iPhone5やiPod touch、ゼブラ社製ハンディターミナルのTC55、MC40を本体上部にマウントでき、片手での操作が可能となる。

スタイリッシュな外見にIP52の耐環境性能を兼ね備えており、顧客の目に触れるアパレルショップでの商品管理から、雨風にさらされる屋外での設備点検まで、幅広いシーンへの導入を容易なものとする。

日本を含めた70か国以上で利用可能なグローバルモデルのため、海外拠点において同一機種を採用できる。

なお、9月13日からの国際物流総合展で、UHF帯RFIDハンディリーダライタをゼブラ・テクノロジーズ・ジャパンとブレインの両ブースで展示する。

■主な製品仕様
送信出力・周波数:[高出力]916~921MHz(LBTあり)
         [特定小電力]916~923MHz
対応プロトコル:EPCglobal Class1 Gen2、EPC Gen2 V2
読み取りコード:1次元コード、2次元コード
データインターフェイス:Bluetooth Class2 V2.1、HID、SPP、
            Apple iAP2 / MFi
重量・寸法:435g(イメージャ含む)・130mm×80mm×185mm(H×W×D)
動作OS  :iOS 8以上、Android 4.4以上
本体同梱品:バッテリー、MicroUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートガイ

■製品モデル
高出力タイプ/RFIDモデル
高出力タイプ/RFID・バーコードイメージャモデル
特定小電力タイプ/RFIDモデル
特定小電力タイプ/RFID・バーコードイメージャモデル

■問い合わせ
東北システムズ・サポート
ストラテジックビジネス部 営業担当
TEL:022-712-0288

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース