静岡県、ヤマト運輸ほか/静岡県産品の販路拡大に向け連携協定

2017年03月23日 

静岡県、静岡銀行、ヤマト運輸、ANA総合研究所は3月23日、「静岡県産品の販路拡大に向けた連携協定」を締結した。

<4者の役割>

4者は連携協定を締結し、それぞれが有する資源やノウハウを有効活用することにより、県内の事業者や生産者に対し、海外展開に有益な輸送ルートを提供するなど、県産品の販路拡大に向けて取り組んでいく。

協定により、ヤマト運輸・ANAグループはアジア圏へ最短翌日に届ける国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」などの輸送サービスを通して、高品質な県産品を鮮度を保ったまま海外まで届ける。

生産者や事業者が海外とのビジネスを積極的かつ安心して展開できるよう、輸出支援セミナーの開催や輸出時に必要な書類の作成などのサポートを行い、 海外販路の拡大を支援することを役割としている。

ヤマト運輸とANAグループは、国内の輸送リードタイム短縮に加え、沖縄国際物流ハブを基点としたアジア圏へのスピーディーかつ高品質な輸送ネットワークを構築し、日本全国の「旬」の食材を鮮度を保ったままアジア圏へ届ける「産直・お取り寄せモデル」の実現に向けて取り組んでいる。

静岡県は県産品のブランド化を進めるとともに、「ふじのくにマーケティング戦略」に基づき、県産品の販路拡大にチャレンジする人材・事業者を掘り起こし、支援・育成することが役割となる。

静岡銀行は、関係事業者に対する各種金融面からのサポートおよび、海外、特に東南アジア地域に関する情報提供にくわえ、ネットワークを活用した商談会やビジネスマッチングにより新たな商流を構築することで、事業規模の拡大を支援する。

最新ニュース

物流用語集