商船三井/中国石油化工向けLNG船が竣工

2017年09月28日 

商船三井と中国遠洋海運集団と中国石油化工(SINOPEC社)の合弁会社が発注したLNG船“CESI TIANJIN”が9月26日、上海の滬東中華造船(集団)(Hudong社)で竣工した。

<竣工式>
竣工式

“CESI TIANJIN”は2013年4月に発表した「中国石油化工向けLNG輸送プロジェクトに参画」の第四船であり、SINOPEC社が豪州Australia Pacific LNGプロジェクトから購入するLNGの輸送に長期貸船される。

プロジェクトでは、計6隻の新造LNG船がHudong社で建造されている。そのうち第一船“CESI GLADSTONE”は2016年10月、第二船“CESI QINGDAO”は2017年1月、第三船“CESI BEIHAI”は2017年6月に竣工し、残る2隻も2018年にかけて順次竣工予定。

商船三井は、プロジェクトで培われた国際協業の経験を活かし、今後も新規案件に積極的に挑戦していくとともに、世界各国のお客様に対し付加価値のある輸送サービスを提供できるよう取り組んでいくとしている。

■“CESI TIANJIN”概要
全長:290.0m
全幅:45.60m
満載喫水:11.70m
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万4100立方m
主機関:Dual Fuel Diesel Electric
航海速力:19.5ノット
建造造船所:Hudong社
船舶管理会社:China Energy Ship Management Co., Limited
商船三井20%、China Energy Shipping Investment Co., Limited (以下CESI社)80%
保有比率:商船三井20%、CESI社80%

最新ニュース

物流用語集