LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NEC/スマートグラスを活用、ARでピッキング支援ソリューションを開発

2017年11月07日/IT・機器

NECは11月7日、スマートグラスとスマートウォッチを用いて、対象物から視線を外さないアイズフリーでの操作を実現する「ARmKeypad (アームキーパッド)」の新機能を用いて、製造・物流、その他の分野でのピッキング業務をAR(拡張現実)で支援するソリューションを開発したと発表した。

<薬剤部での実証実験の様子>
20171107nec1 500x322 - NEC/スマートグラスを活用、ARでピッキング支援ソリューションを開発

<アイズフリーな「ARmKeypad」の概要>
20171107nec2 500x322 - NEC/スマートグラスを活用、ARでピッキング支援ソリューションを開発

現在、病院の薬剤部や工場の現場でこの製品を用いた実証実験を行っており、作業ミスの改善や作業時間の短縮などの効果を確認した。

用いたアームキーパッドは、腕に表示される選択画面をタッチ(振動)することで入力可能とするこれまでのアームキーパッドに対し、スマートグラス上に表示される選択画面を腕の傾きと腕へのタッチにより入力可能にすることで、対象物から視線を外さないアイズフリーでの操作機能を追加した。

視線移動により取り間違いなどが想定される現場や、作業のスピードが求められる現場での活用に有効。

現在、病院の薬剤部で薬剤ピッキングの作業ミスを防止する実証実験を行っている。

グラスカメラで処方箋バーコードを読み込み、薬剤ピッキングリストをグラスへ表示、薬剤棚をみるとどの棚からどこにある薬をピッキングすればいいのかがARでガイド表示されるというもの。

実際に薬剤を取り出し、腕を傾け確認登録をすると取り出した薬剤がピッキングリストから消去される。

実証実験では、従来1日の業務300件に対し、約5件の発生が想定されるピッキング時の取り間違いを0件にできることを確認した。

NECネッツエスアイのsDOC埼玉センターにてICT機器の修理業務での物品管理作業を効率化する実証実験を行っている。

修理見積時や修理作業の際、預かった機器を一時保管している棚から探す作業を、ARによるガイド表示により作業を支援するもの。この実証実験では、従来に比べ作業時間を18.2%削減できることを確認した。

NECは今後、アームキーパッドを活用し、製造・物流以外にも警備、流通など、ハンズフリー、アイズフリーの作業が必要となる業種・業務の効率化に貢献するとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース