LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本政策投資銀行/エフピコに「DBJ環境格付」に基づき融資

2018年01月22日/SCM・経営

日本政策投資銀行(DBJ)は1月19日、エフピコに対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施したと発表した。

エフピコは業界最大手の食品トレーメーカーであり、消費者やスーパー、包材問屋と協働し、使用済み容器を回収するエフピコ方式のリサイクルを25年超にわたって行い、その活動を全国に定着させてきた。また、エコ製品の開発・生産・販売を通じて、循環型社会の実現やCO2の削減に貢献するなど、環境に配慮した経営を推進・強化している。

評価された点は、長期ビジョンである「エフピコ・エコアクション50」で2020年度までの中長期的なCO2排出量削減目標を掲げ、製品・生産・物流・販売・オフィスのテーマ毎にワーキンググループを設置し、全社グループ横断的に効率化やCO2削減に向けた各種施策を策定・実践している点。

DBJ・取引先・小売・消費者からなる四者一体のリサイクル体制を活用し、独自の環境対応製品である「エコトレー」「エコAPET」の拡販を製販一体で進めるとともに、素材メーカーとしても再生PETリサイクル工場の新設等の再生材料の利用割合引き上げ努力を通じて、自社製品の売上拡大と環境負荷低減の両立を達成している点。

人手不足の解決策として生産ラインの自動化、物流での音声ピッキングや配送計画システムの導入等を通じて積極的な生産性向上を図っていることに加え、全国トップの障害者雇用率を継続的に達成するなど、独自のダイバーシティ経営を推進している点が評価されたもの。

「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニュー。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース