ヤマト運輸/南大阪主管支店新設、南京都主管支店へ名称変更

2020年04月01日 

ヤマト運輸は4月1日、関西地域の組織体制を見直し、4月1日付で、南大阪主管支店を新設するとともに、京阪主管支店を南京都主管支店に名称変更すると発表した。

<主管支店の地図イメージ>
主管支店の地図イメージ

ヤマト運輸は、第一線の社員が、より顧客に向き合い、スピーディーに応える体制を構築するため 関西地域での大阪府・京都府の組織体制の見直し、担当エリアの再編および主管支店の新設を実施したもの。これにより、全国の地域経営の中心である主管支店の数は89となった。

■概要
南大阪主管支店の新設
所在地:大阪府大阪市住之江区柴谷1-2-70
大阪主管支店と東大阪主管支店からの一部エリアを分割し南大阪主管支店を新設

京阪主管支店から南京都主管への名称変更
京都府、 大阪府の一部エリアを担当していた京阪主管支店から、大阪府のエリアを北大阪主管支店と東大阪主管支店へ移管し、名称を南京都主管とする。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集