日新/「ESG 経営支援ローン」を成約

2020年09月30日 

日新は9月30日、三菱 UFJ 銀行の提供する ESG 評価型融資商品「ESG 経営支援ローンにてタームローン契約を締結したと発表した。

<MUFG ESG 評価 評定書>
MUFG ESG 評価 評定書

また、MUFG ESG 評価において、「特に進んでいる」との評価である A ランクを取得した。

日新は、グリーン経営認証取得の推進など環境経営の強化に積極的に取り組み、グループの強みである海外ネットワークと国際物流を活かした新たなビジネスモデルをグループ一体となって創出することで、顧客から信頼され評価される「真のグローバル・ロジスティクス・サービス・プロバイダー」を目指している。

社会インフラを支える「社会の公器たる日新」として今回の ESG 評価の取得をきっかけに、今後、更なる ESG への取り組み強化を図っていくとしている。

なお、高く評価を受けた ESG に関する取り組みとは、「グリーン物流パートナーシップ会議に於いて推奨されたモデル事業における輸送事業の効率化や、コンテナラウンドユースや IT を活用した容器管理などの廃棄物発生量削減といったグリーン経営を実施している点」「英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)に関して声明を公表するなど、グループの自社事業及びサプライチェーンにおける奴隷労働や人身売買などの防止を目的とした人権問題に関する取り組みを積極的に実施している点」「コーポレートガバナンスコードに沿ったガバナンス体制を構築し、コーポレートガバナンス報告書を開示するとともに経営の透明性と経営効率の向上を基本とした企業統治を徹底している点」を挙げている。

最新ニュース

物流用語集