SBSゼンツウ/パルシステム物流拠点で新型ハイブリッド車両導入

2020年11月05日 

SBSゼンツウは11月5日、最新の環境配慮型車両4両を導入し、10月15日から、埼玉県熊谷市のパルシステム生活協同組合連合会「熊谷センター」で運行を開始したと発表した。

<大型ハイブリット冷凍車(日野自動車製) >
大型ハイブリット冷凍車(日野自動車製)

<大型ハイブリット冷凍車の側面前方部>
大型ハイブリット冷凍車の側面後方部

<発電式中型冷凍車(左から2台がトプレック製 車体はいすゞ自動車製)>
発電式中型冷凍車(トプレック製 車体はいすゞ自動車製)

導入したのは、大型ハイブリット冷凍車2台と発電式中型冷凍車2台。走行中に発生する回生エネルギーを大容量バッテリーに蓄え、その電力で走行だけでなく、冷凍コンプレッサーも駆動させることができる発電式冷凍装置を備えている。大型トラックでは、国内で初めてこの装置を搭載した。

また、発電式中型冷凍車(トプレック)は発電機を搭載し、余った電気をバッテリーに蓄電することで、アイドリングストップ時でも冷凍装置を稼働状態で維持することが可能。いずれも食品輸送にとって不可欠な高品質な温度管理を実現しつつ、温室効果ガスを軽減する最新式の環境配慮型車両としている。

今春竣工したパルシステムの熊谷センターは、生産性向上と環境への配慮を重視し、省力化設備をはじめ、自家消費太陽光発電システム、CO2排出量が極めて低い自然冷媒システムを採用した冷蔵施設など最新鋭の機能を備えた生鮮食品物流センター。同社では、これにふさわしい食品配送品質と環境性能の充実を考慮し、この車両の導入を決定したもの。

最新ニュース

物流用語集