富士通/広島・大崎上島の物流に小型自動運転車両

2020年11月05日 

富士通は11月5日、広島県豊田郡大崎上島町で行われるオンデマンド交通技術と小型自動運転車両を活用した島内の新たな交通・物流手段の確立を目指す実証実験に参加すると発表した。

<実証実験の概要>
概要図

<自動運転ルート>
自動運転ルート

実証実験は、国土交通省の「スマートアイランド推進実証調査」に採択されており、大崎上島町スマートアイランド推進協議会と共同で12月17~20日にかけて実施する。

富士通のオンデマンド配車サービス「FUJITSU Future Mobility Accelerator オンデマンド交通サービス」やコールセンターなどの運用サービス、PerceptIn Japan(パーセプティン ジャパン)合同会社が開発した自動運転技術と低速電動車両を活用した「自動運転プラットフォーム」を採用。

利用者がウェブサイトや電話を通じて乗車時間を予約し、大崎上島町内の白水港~垂水港間を自動運転車両で移動する新しい移動手段の有効性を検証するほか、宅配品提供者がこの移動手段を用いて商品を配送する新たな物流手段についても有効性を検証する。

■実証実験の概要
期間:12月17日~20日まで
場所:広島県豊田郡大崎上島町の白水港と垂水港の区間
「各者の役割」
大崎上島町スマートアイランド推進協議会:実証実験全体の調整と検証、実装に向けたビジネスモデル検討など
富士通:「オンデマンド交通サービス」の提供、運用支援、予約を受けるコールセンターサービスの提供など
パーセプティン:自動運転車両や自動運転プラットフォーム、自動運転プログラムの提供、セーフティードライバーの派遣など

最新ニュース

物流用語集