川崎汽船/統合船舶運航・性能管理システムの搭載を傭船に拡大

2021年01月05日 

川崎汽船は1月5日、統合船舶運航・性能管理システム「K-IMS」(Kawasaki Integrated Maritime Solutions)を従来の社船・仕組船に加え、中長期傭船への本格的な搭載を開始したと発表した。

<統合船舶運航・性能管理システム「K-IMS」>
統合船舶運航・性能管理システム「K-IMS」

2016年にリリースした「K-IMS」は、これまで社船・仕組船と一部の傭船を含む約140隻の同社運航船に搭載してきた。「K-IMS」では、様々なアプリケーションを準備の上、スマートフォン・PC画面上のViewerで船の運航状況の常時監視による異常の早期発見、性能解析によるパフォーマンスの維持と燃費管理、更に最適運航支援による安全・経済運航の維持に役立てている。

今後、これら船上で収集した気象データを含むビッグデータを本船、同社関連部署に加えて傭船船主や船舶管理会社ともCloud上の共通プラットフォームで共有の上、双方向から本船運航状態を把握することにより、本船運航管理の高度化への取組みを加速することが可能となる。

川崎汽船は傭船を含めた「K-IMS」の更なる搭載拡大を通じて、これまで以上に安全運航、環境負荷の低減に磨きをかけると共に全ての運航船において輸送品質の向上に努めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集