DELL/ギークプラスがDELLのソリューション採用

2021年06月04日 

デル・テクノロジーズ(DELL)は6月4日、ギークプラスによる導入事例を発表した。

<ギークプラスの自動搬送車>
20210604dell1 520x358 - DELL/ギークプラスがDELLのソリューション採用

ギークプラスでは、深刻化する人手不足と機械設備の高い投資リスクを解決するため、次世代ロボティクス技術を活用し、新たな物流スタンダードの共創を目指している。 一方、成長を続ける中で、様々なビジネス上の課題を抱えていた。

同社のビジネスにおいては、物流、搬送ロボットの監視、運用システムが、24時間365日無停止で稼働し続けることが重要だった。そして、この監視、運用システムに耐えられるだけの信頼性、可用性を持ったサーバーや端末の導入が欠かせなかったが、従来はコストを重視し、複数のメーカーから調達をしていた。

また、本社から供給される製品については、電源ケーブルが日本仕様ではない、あるいは説明書がないなど、日本での販売には適さない品質であったため、日本独自で仕入れる必要性があった。そこで、日本法人の設立から1年ほど経過した時期に、顧客の増加と多様化する要求に対してより素早く応えるため、きめ細かく、かつ迅速に提案から納品まで対応してくれるビジネスパートナーの模索を始めた。

ギークプラスは、2018年に複数社に対して一斉に提案を依頼した。 その後、様々な視点から複数メーカーのサーバーを比較検証した結果、新規顧客向けの電話窓口での対応から価格やスペックの要件を満たす具体的な提案内容に至るまで、より迅速かつ的確な対応を行ったデル・テクノロジーズの製品を導入することを決定したもの。

デル・テクノロジーズ製品の導入により、「信頼性が高く可用性を担保できるシステムの導入により、ハードウェア障害に見舞われることがほとんどなく、障害対応に要する時間を大幅に削減」「デル・テクノロジーズのサーバーを標準機に採用してから、顧客による導入後に処理遅延が発生したことは一度もなく、同社の物流ソリューションの評価と価値向上に貢献」「操作端末に利用しているデスクトップ型でタッチパネルに対応しているモニターについては、選択肢がほとんどないなかで、デル・テクノロジーズの「Dell P2418HT 23.8インチワイドモニター」を採用した結果、優れた操作性、レスポンス性能により、 生産性の向上に寄与」「クライアント端末、サーバー、ネットワーク機器に関する調達および保守窓口の一本化によるシンプルなコンタクトポイント、さらに専任のデル・テクノロジーズ アドバイザーによる包括的な提案により、調達および保守運用にかかる時間を3年前と比較して大幅に削減」の成果を得ることができた。

ギークプラスは、ビジネス環境が急速に変化していく中で、デル・テクノロジーズ アドバイザーの実績に基づいた、顧客の特性を理解した柔軟かつスピード感のある提案を評価。同社では今後もビジネスの拡大を目指しており、そのうえでITへの投資を最重要と捉えている。ビジネス成長に伴う顧客からの要望の多様化に対して迅速に対応していくために欠かせないIT面におけるビジネスパートナーとして、デル・テクノロジーズからの積極的な提案に期待している、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集