近鉄、福山通運/名阪特急を利用して貨客混載事業実施へ

2021年06月28日 
関連キーワード:

近畿日本鉄道と福山通運は6月28日、近鉄が大阪難波~近鉄名古屋間で運転する名阪特急「アーバンライナー(next・plus)」を使用した貨客混載事業について、本日付で、国土交通大臣より本事業に係る物流総合効率化法に基づく総合効率化計画の認定(大手民鉄初)を受けたと発表した。

<アーバンライナーへの積載(イメージ)>
20210628fukutsukinki 520x374 - 近鉄、福山通運/名阪特急を利用して貨客混載事業実施へ

これに伴い、福山通運は、翌日以降の配送が主流であった大阪市内~名古屋市内間において、7月1日から当日配送サービス(福山グリーン便)を開始する。

この事業は、近鉄としては列車の空スペース(旧車販準備室)を有効利用した運送サービスのため投資を要さず、新たな収益につなげることができるとともに、福山通運は、自動車運送業の担い手不足の解消やCO2排出量の削減という社会的課題を解決するほか、同区間の当日配送が安価で提供できることになり、利用者の利便性を向上させる。

近鉄と福山通運は、この事業により、顧客の利便性向上だけでなく、SDGsが目指す持続可能な社会の実現に一層貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集