LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

2021年12月24日/物流施設

三菱地所とENEOS不動産は12月24日、千葉県船橋市南海神に2.3万m2の地上4階建てボックス型物流施設「ロジクロス船橋」を竣工したと発表した。

<「ロジクロス船橋」>
20211224mitsubishig1 520x347 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

<倉庫内部>
20211224mitsubishig2 520x279 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

この物件は日本通運と1棟賃貸借契約を締結済み。

立地面では、京葉道路「船橋 IC」から約 500m、東関東自動車道「湾岸市川」ICより約1.8kmの場所に位置し、国道14号線および国道357号線からのアクセス性も良好な、首都圏内陸部への広域配送機能が期待できる利便性の高い立地となっている。

また、東京港から25km圏内、羽田空港から35km圏内、成田空港からも50km圏内であり港湾・空港へのアクセス性も良好であり、国内外に拡がる物流網を支える物流適地となっている。

京成本線「海神」駅より徒歩17分、JR京葉線「二俣新町」駅より徒歩20分。また、近傍の駅周辺を中心に居住地域やコンビニエンスストアも徒歩圏内にあり、雇用確保においても優位性を発揮している。

<休憩室>
20211224mitsubishig3 520x343 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

<エントランス>
20211224mitsubishig4 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

施設機能面では、床荷重 1.5t/m2、梁下天井有効高5.5mを備えた汎用性の高い仕様、倉庫柱間標準11.0m×11.0mによる自由度の高いレイアウト性を備えている。将来事務所造作対応エリア、垂直搬送機増設エリアを予め設け、また、倉庫に面した十分な面積の設備用バルコニーを実装するなど、入居テナントの拡張性に備えた仕様となっている。バースエリアに、荷受室・サテライト事務室・ドライバー用休憩室等、様々な場面での利用が可能な約25m2の多目的室を実装している。

施設のデザイン面では、休憩室及びエントランスは海神の地名に由来する海をモチーフとした色彩と、人や物の流れをイメージした物流施設らしい直線的なラインがデザインされている。

環境面では、全館LED照明の利用などにより施設のCO2排出量を削減し、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つである「BELS」を取得しており、ESGの課題解決を推進した施設となっている。

<広域図>
20211224mitsubishig5 520x379 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

<詳細図>
20211224mitsubishig6 - 三菱地所、ENEOS不動産/千葉県船橋市に2.3万m2物流施設竣工

■概要
所在地:千葉県船橋市南海神一丁目8番1号
アクセ ス:京葉道路「船橋」IC より約 0.5 ㎞
 東関東自動車道「湾岸市川」IC より約1.8㎞
 京成本線「海神」駅より徒歩17分
 京葉線「二俣新町」駅より徒歩20分
敷地面積:約1万1700m2(約3500坪)
延床面積:約2万3700m2(約7200坪)
構造:S 造、地上4階
用途:マルチテナント型物流施設
建築主:三菱地所、ENEOS不動産
設計監理監修:フクダ・アンド・パートナーズ
設計施工:大末建設
着工:2020年10月17日
竣工:2021年12月24日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース