名港海運/名古屋市の本社で1名が新型コロナウイルス感染

2022年01月14日 

名港海運は1月14日、名古屋市港区の本社に勤務している従業員1名が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

この従業員の感染が確認されたのは1月12日で、現在は自宅療養中。

濃厚接触者については、保健所からの連絡待ちのため現時点では不明だが、社内調査でこの従業員と接触があった従業員10名については自宅待機とし、健康状態の経過観察を行っている。

また、同社では顧客と従業員の安全を最優先に考え、感染拡大を防止するため拠点内と設備の消毒作業を実施している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集