LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





トドケール/郵便物・配達物クラウド管理システムに発送管理機能

2024年06月26日/IT・機器

トドケールは郵便物・配達物クラウド管理システム「トドケール」に、「発送管理機能」を新たにリリースした。

<「発送管理機能」をリリース>
20240626todokeru - トドケール/郵便物・配達物クラウド管理システムに発送管理機能

「発送管理機能」には4つの機能を盛り込んだ。まず、「荷物の写真撮影で、発送物の情報を入力 」だ。今まで手書きやスプレッドシートで管理していた発送した荷物の情報を、写真を撮ることで自動的にOCR(光学文字認識)によりデジタル化し、一覧として管理できるようになった。

「ステータス管理」では、発送した荷物のステータスをシステム上で確認できるため、発送を依頼した人は依頼した荷物が発送されたのかどうかの問い合わせが不要になる。

「社内共有機能」では、発送した荷物の一覧は、社内で簡単に共有することができ、情報の伝達がスムーズになる。荷物のデータはすべてクラウド上のシステムで管理されるので、どれくらいの荷物が発送されているのか?といった集計も可能だ。

「追跡番号の管理」では、写真を撮る際にバーコードからレターパックや配送物伝票に記載された追跡番号を自動的に読み込み、記録することができる。発送した荷物の状況を確認するために、発送物の一覧に手書きで記載することが多かった追跡番号だが、もう手でマニュアル入力する必要はない。

なお、これまで、発送物のリストは手書きやスプレッドシートで作成していたため、効率が悪く、誤った情報が発生するリスクもあった。このような問題から、「総務・メール室から発送した荷物の一覧を自動で管理したい」という要望を多く得ており、今回の機能実装に至ったもの。

トドケ―ルでは顧客からのリクエストに応え、今後も機能の追加や改善を続けていくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース